2007年10月11日

ボクシング「内藤VS亀田」

対戦する前からいろいろと話題だったボクシングのタイトルマッチ「内藤VS亀田」exclamation

日本人対決と亀田戦ということもあり、試合前から注目を集めていた目

どんな試合になるのか楽しみにしていたんですが、クリンチばっかりでイライラする試合でしたちっ(怒った顔)

結果はチャンピオンの3−0の判定勝ちパンチ

チャンピオンの内藤は的確に亀田の顔面をとらえるパンチを打っていたし、亀田の手数は少なかった。

そして、亀田のコンビネーションがまだまだ、というのも事実かもしれませんたらーっ(汗)

ですが、亀田が突っ込んでいく度にクリンチになってブーイングが起きていた序盤ですが、終盤は明らかに、チャンピオンのほうからクリンチにいっていて、はっきり言ってボクシングになっていなかったようなあせあせ(飛び散る汗)

それも含め、ボクシングなんでしょうが、内藤コールが起こっていたのには正直驚きでした。

会場の人たちは、そんなに亀田が負けるのが観たかったのでしょうかexclamation&question

確かに、態度は気に入らないところがありますが、ボクシングはチャンピオンより正面からいっていて男らしかったと思います。

男らしさでボクシングをするのではないですがあせあせ(飛び散る汗)

それだけに、チャンピオンが勝ちに徹したのが残念でしたふらふら

まあ、いろいろと背負っているものとかあって、負けるわけにはいかないのでしょうがバッド(下向き矢印)

亀田は負けてしまい、非難・中傷があると思いますが、この負けによりさらに強くなるのかなぁグッド(上向き矢印)と思ったりした今日この頃でした。



posted by たか at 22:43| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。