2007年10月15日

亀田家処分

本日、プロボクシングWBC世界フライ級タイトルマッチ(11日)で悪質な反則行為があったとして、日本ボクシングコミッション(JBC)が15日、亀田親子に“親子強制絶縁”に匹敵する厳罰処分を下した。

大毅は1年間の出場停止、父・史郎は反則行為を指示したとしてセコンドライセンスの無期限停止に。

ライセンス停止に伴いJBCでは史郎氏にボクシング指導も禁止。

なんでもこの処分は、相当重いもので、過去のボクシング選手の犯罪者よりも重いそうです。

確かに反則を指示したことは、セコンドとして失格ですよねたらーっ(汗)

目潰しなんてどうやってやるのexclamation&questionと思っていましたが、VTRでそれらしき場面の映像も流れていましたバッド(下向き矢印)

ここまで、証拠がでてきてしまうと、疑う余地はないというか、残念ですもうやだ〜(悲しい顔)

ちゃんと男らしく公の場で謝罪して欲しいと思いますexclamation



posted by たか at 22:52| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。